• Categories: ガラス

    glass_heart
    昔からどういうわけか、いかにも強そうな肉食系男子よりも、なよっとした所謂草食系男子から好かれることが多かった。男の人ならまだしも、女子高に通っていたころは同じ学校の女の子たちからラブレターをもらったり告白されたりしたこともあった。どうしてそんなに女子っぽい男子や女子からモテるのかと悩んだが、友人曰く、私は見た目も中身も女子プロレスラーっぽいのだそうだ。だから私と付き合えば、きっと守ってもらえるという安心感があるんじゃないかね、という冷静な批評をもらった。なるほど、確かに私は生まれてこの方髪の毛を伸ばしたことがないし、骨太でガタイもいい方だ。自分で言うのも何だけど、女にしておくのはもったいないと思う。実際に男の人に間違えられたことも何度もあるし。

    だけど実際の私は…誰にも言ったことはないけれど、とても女子っぽいと思う。女の子らしいファンシーなグッズが大好きだし、自分の部屋はぬいぐるみで溢れている。天蓋つきのベッドに憧れているし、本当はTシャツにジーンズじゃなく、フリフリのレースがついたドレスを着たい。もちろん誰かに話したら絶対に「似合わない」って言われるだろうから心の中に秘めているけれど。だけど現実の鏡を見れば、そこに写るのは井上京子みたいな自分だ。だから私は色んなことを諦めてきた。

    彼氏にしてもそうだ。本当は肉食系の人が好きだけど、私の選択肢には草食系男子しかいない。今の彼もIT企業に勤めていてお給料はいいけれど、私より線も食欲も細いし、色も白い。本気で戦ったら、多分余裕で勝つ。色々な意味で怖くて試したことはないけれど。そんな彼、実はハートが強い…とかだったらギャップで惚れてまうのかもしれないけれど、彼のハートは見たまんまのガラスのハートで、喧嘩をしたら必ず彼の方が泣いてしまう。一度でいいから壁ドンなんてされてみたいなーなんて甘い夢を抱いてしまうのだった。

Recent Posts